中性脂肪の原因

中性脂肪は血液中に溶けてる脂が原因です。血液の中の脂質には、中性脂肪、そしてよく耳にするコレステロールのほか、遊離脂肪酸、リン脂質などが含まれています。
MENU

中性脂肪は血液中に溶けてる脂が原因

 脂肪が血液中に溶けこんで全身に運ばれるときには、たんぱく質をおもな材料とした、リポたんぱくというかたちになります。そして、末梢細胞に中性脂肪を運触していきます。

 

血液を試験管の中に入れておくと、やがて上下2つの層に分かれます。上の層が血清、下の層が血球です。
血清の中に含まれているのはおもに水分で、そのほかたんぱく質や糖質、脂質などが混ざっています。これらは皆、からだにとって必要なものばかりです。

 

そして、その中の脂質(血清脂質という)には、中性脂肪、そしてよく耳にするコレステロールのほか、遊離脂肪酸、リン脂質などが含まれています。
脂質は、血液にのって全身に運ばれているのです。

 

食べ物は、小腸で消化・吸収されます。中性脂肪やコレステロールなどの脂質も、一部は腸管から吸収され、残りはいよいよ、血液をとおって全身の組織や細胞に運ばれていきます。
けれども、そのままの姿(アブラ)では、水と油の関係ですから血液中に溶けこむことができません。そこで、脂質は、たんぱく質と結合して複合たんぱく質(リポたんぱく)に姿を変え、血液中に入っていきます。
脂をたんぱく質の皮で包んだおまんじゅうを想像してみてください。このたんぱく質の皮は、リポたんぱくとリン脂質という成分でできています。

 

中性脂肪は血液中に溶けてる脂が原因 | 中性脂肪診断所

 

 

中性指肪慣に関係するリパーゼ

 体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、再合成されてカイロミクロンとなって肝臓へ運ばれます。その中身の多くは中性脂肪です。

 

カイロミクロンは必要なときに肝臓から放出され、血液を介して全身に運ばれます。体内のいろいろな場所で細胞組織に入る前に、リパーゼという消化酵素と結合し、中身の中性脂肪は細胞にとりこまれます。そして残った部分は、LDLになったり、HDLに生成されたりします。

 

リパーゼの働きが弱まると、中性脂肪は細胞内にとりこまれなくなり、血液中の中性脂肪値が上昇することになるのです。

 

 

リポたんぱく質の種類

 

リポたんぱくには5つの種類があって、どれも含まれる成分(中性脂肪、コレステロールなど)は同じですが、中性脂肪とコレステロールの配合の割合や大きさ、つくられる場所が違います。

 

①HDL(高比重リポたんぱく)
 5種類の中でもっとも小さなリポたんぱくで、血管のすきまから自由に出入り可能です。動脈内にたまったコレステロールを回収し肝臓まで運ぶ働きがあり、いわば動脈の掃除係です。善玉コレステロールの代表
といわれています。

 

②LDL(低比重リポたんぱく)
 細胞膜やホルモンなどの素材となるコレステロールを運びます。動脈壁にたまりやすく、そこで酸化してしまうと動脈硬化を招きます。そのため、悪玉コレステロールの代表といわれています。

 

③IDL(中間比重リポたんぱく)
 VLDLが分解されたあとにできる、いわば残りカスです。肝臓に入って、LDLをつくります。

 

④VLDL(超低比重リポたんぱく)
 中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。肝臓で生成され、IDLをつくり、LDLのもととなります。

 

⑤カイロミクロン
 おもに中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。小腸でつくられ、5つのリポたんぱくの中で一番大きい種類です。

 

このページの先頭へ