中性脂肪診断と肥満

肥満には中性脂肪がたまるタイプの肥満とたまらないタイプがあります。皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満です。中性脂肪たまるんはどちらでしょうか?
MENU

中性脂肪がたまるタイプの肥満

 肥満は、その特徴から2つのタイプに分けられています。内臓の周囲に中性脂肪がたまるタイプの肥満は、恐い生活習慣病にもつながりやすいため、注意が必要です。

 

肥満のタイプは2つある

 肥満には、大きく分けて2つのタイプがあります。皮下に脂肪がつく皮下脂肪型肥満と、肝臓や小腸などの臓器の周りに脂肪がついてしまう内臓脂肪型肥満です。

 

皮下脂肪型肥満は女性に多く見られ、上半身よりもお尻から下半身にかけて脂肪がつき、ぽっちゃりして見えることから、洋なし型肥満といわれます。また内臓脂肪型肥満は、内臓のほかに上半身に脂肪がつくこともあるため、りんご型肥満ともいわれています。

 

 

中性脂肪がたまるタイプの肥満 | 中性脂肪診断所

 

 

内臓脂肪型肥満は高血圧や動脈硬化に注意

 とりわけ注意しなくてはいけないのは内臓脂肪型肥満の場合です。

 

内臓に脂肪がたまると糖や脂質の代謝異常が引き起こされたり、高血圧症を招きやすいことがわかっています。そうなると動脈硬化とも非常にに結びつきやすく、さまざまな病気の危険因子になります。

 

また内臓脂肪型肥満の人の肝臓には、すでにかなりの量の脂肪がたまっていると考えて間違いはないでしょう。

 

内臓脂肪型肥満は、はじめのうちは見た目には判断しづらく、自覚症状もないため、一見スマートな人が検査を受けて内臓脂肪型肥満と診断されて驚く場合も実際良くあります。
ですから、定期的に検査を受け、早い段階で発見することが大切なのです。

 

このページの先頭へ