中性脂肪とストレス

ストレスがたまると、中性脂肪やコレステロールの値が上昇し、動脈硬化を促進させます。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、胃かいよう、がんなども、ストレスと無関係ではありません。
MENU

中性脂肪とストレスのやばい関係

 ストレスがたまると、中性脂肪やコレステロールの値が上昇し、動脈硬化を促進させます
狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、胃かいよう、がんなども、ストレスと無関係ではありません。

 

 私たち現代人は、仕事や教育問題、家庭や職場の人間関係、環境や騒音、健康問題など、さまざまなかたちでストレスを感じながら、生活しています。
ストレスも、一時的なものであればそれほど問題ではありませんが、長い期間にわたって感じ続けたり、たとえ一時的にでもたいへん強いストレスを受けると、健康面(精神的なものを含め)に大きなダメージを受けてしまいます。

 

ストレスで中性脂肪値は上昇する

 ストレスを感じると、人間のからだは緊張し、自律神経が過度に反応します。
たとえば大勢の前で話さなくてはならないとき、緊張してどきどきしたり、手足がふるえたりするのは、自律神経の異常な興奮が原因です。

 

自律神経のバランスが変わると、副腎の髄質からカテコラミン(アドレナリンやノルアドレナリン)が、また皮質からは副腎皮質ホルモンという物質が分泌されます。カテコラミンが分泌されると、血管が収縮して血圧は上昇し、心拍数も上昇してどきどきするのです。

 

また、副腎皮質ホルモンが増加すると、血液中に遊離脂肪酸(血清中に溶けている脂質の一つ)が大量にあらわれます。
この遊離脂肪酸が、肝臓で中性脂肪やコレステロールに合成され、結果として、中性脂肪値とコレステロール値を上昇させてしまうのです

 

中性脂肪とストレスのやばい関係 | 中性脂肪診断所

 

ストレスが起こすさまざまな病気

 ストレスを受けると、中性脂肪が増えることがあります。その状態が続くと、LDL(悪玉)コレステロールが増えてHDL(善玉)コレステロールは減ります。HDLが減ると余分なコレステロールは回収されませんから、やがて動脈硬化を起こしてしまいます。そして動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気をまねくのです。

 

また、ストレスは免疫力を低下させるため、感染症にかかりやすくなりますし、胃かいようやがんを発症させる原因にもなっています。

 

ストレスをまったく受けない生活は、今や不可能なことです。そこで、なるべくストレスを感じないように、日ごろから考え方を変えてみるようにしましょう。
物ごとをあまり気にしすぎない、発想を転換してみるなど、失敗を前向きに解釈することがひじように大切です。
それでもストレスを受けてしまった場合のために、自分だけの解消法を見つけておき、強いダメージを受けたときは、即、これを取り去るようにしましょう。自律訓練法はその一つで、心療内科でも使われている方法です。

 

ストレス解消法を見つけるポイントは、自分なりにリラックスできる行動や状態を探し、覚えておくことです。ストレスを感じたらいつでもこれを試してみましょう。
また、心だけでなく、からだが疲れていると状況はさらに悪化します。たっぷり休養をとるだけで、ストレスが解消されることもあります。

 

 

中性脂肪とストレスのやばい関係 | 中性脂肪診断所

 

 

 

このページの先頭へ