中性脂肪診断

細胞の酸化を防ぐ「抗酸化物質」には細胞やしDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化をも防ぐ作用があります。上手に摂取して中性脂肪を撃退しましょう。
MENU

抗酸化物質で中性脂肪を撃退

 細胞の酸化を防ぐ「抗酸化物質」には、細胞やしDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化をも防ぐ作用があります。抗酸化物質を含む緑黄色野菜を積極的に食べましょう。

 

まず、抗酸化物質とは何かを見ていきますと、抗酸化物質には、細胞の酸化を防ぎ動脈硬化を予防する効果があります。
抗酸化物質の代表選手はビタミンC、ビタミンE、ベーターカロチンたっぷりの緑黄色野菜です。また、ワインやカカオ、お茶などに含まれるポリフェノールも知られています。ただし、各ポリフェノールの効果や必要量はまだ研究段階です。

 

中性脂肪が気になるという人は、こうした抗酸化物質を意識してとるようにしたいものです

 

緑黄色野や赤ワイン、緑茶も中性脂肪に効くんです

抗酸化物質で中性脂肪を撃退 | 中性脂肪診断所

 

 緑黄色野菜に含まれる栄養素の中で抗酸化作用があるものは、ビタミンC、ビタミンE、βーカロチンです。
ビタミンCを多く含む野菜や果物には、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、カリフラワー、ネーブルオレンジ、柿などがあり、ビタミンEを多く含むものには、アーモンド、わかさぎ、かぼちゃ、ひまわり油、コーン油などがあります。βカロチンは、かぼちゃ、にんじん、春菊、ほうれん草などに多量に含まれています。

 

また、赤ワインや緑茶、チョコレート、紅茶、ウーロン茶、ハーブ類、玉ねぎなどに含まれているポリフェノールにも抗酸化作用があります。
抗酸化作用だけでなく、プロッコリー、小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCやEには、動脈硬化を促進する過酸化脂質の生成を抑える働きもあります。

 

 

成人の場合、1日のビタミンCの必要所要量は100mgとされています。しかし、ビタミンCは熱に弱く、水にも溶けやすいので、調理の途中で、その後の保存中にかなりの有効成分が失われてしまいます。ですか
ら、水にさらしたり、過剰な水洗いはさけ、短時間で加熱するようにしてください。食べるときは煮汁なども一緒に摂取するよう心がけましょう。

 

また、喫煙とストレスによってビタミンCは消費されます。喫煙習慣のある人やストレスの多い人は、多めにビタミンCをとるようにします

 

そして、ビタミンEは細胞の酸化を防ぐなくてはならないものです。

 

かぼちゃ、ほうれん草などに多いビタミンEは、細胞やLDL(悪玉)コレステロールを酸化させる活性酸素を回収し、「ビタミンEラジカル」という物質に変わります。
このビタミンEを還元するのがビタミンCです。つまり、ビタミンEとCは、一緒に摂取することで、より効果が上がるわけです。

 

とくに飲酒量の多い人やヘビースモーカー、穀類の摂取が少ない人は、ビタミンEが不足しがちですから積極的にとるようにしましょう!

 

 

抗酸化物質で中性脂肪を撃退 | 中性脂肪診断所

 

 

 

 

このページの先頭へ