中性脂肪を下げる方法

中性脂肪やコレステロール値を下げる方法を掲載しています。中性脂肪診断で危険な状態になった方は、早急に対応が必要です。
MENU

緊急!中性脂肪を下げる方法

 

中性脂肪を甘く考えられている方が多いですが

中性脂肪が高いまま放置すると大病を引き起こします。

 

厚生労働省の国民健康・栄養調査でも、40代の4人に1人が中性脂肪の値が高く、

脳梗塞、心筋梗塞といった命にかかわる合併症を引き起こす可能性を示唆しています。

 

中性脂肪パンパン


「今日は食べ過ぎたなー」
「今週は飲み会3日目だな」

 

仕事で飲み会や喫茶店、友人などと外食に行くことが頻繁にあるという方は多いと思います。

 

だからといって、仕事が忙しくて運動もあまりできておらず、

 

健康診断を受けたら血中の中性脂肪が高いとの診断が出た・・・。

 

 

そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

「でも、中性脂肪のために仕事の付き合いを減らすわけにもいかないし・・・。」

 

この様に悩みをそのままにしていませんか?

 

 

実はこの中性脂肪、「まあいいか」で放っておくと、恐ろしいことに・・・ 。

 

緊急!中性脂肪を下げる方法 | 中性脂肪診断所

 

思い当たる方は要注意!!
中性脂肪が高くなってしまう原因とは?

 

緊急!中性脂肪を下げる方法 | 中性脂肪診断所


では、なぜ中性脂肪値が高くなってしまうのか?

 

 

それは「食べすぎ」「甘いものや脂っこいものの摂り過ぎ」「お酒の飲み過ぎ」などの生活習慣に起因しています。

 

中性脂肪は活動するためのエネルギーとしてある程度は必要ですが、過剰になると健康を脅かすリスクが高まります。一方で中性脂肪はこれといった自覚症状が無いことが多いため、危険性に気づきにくいことでも知られているのです

 

 

何年も健康診断に行かず、中性脂肪の状況に気が付かないまま、蓋を開けてみると大変なことになっている可能性も・・・。

 

その様なことになってしまう前に、早めの中性脂肪対策をしておきたいですよね。

 

 

そこで、この厄介な中性脂肪への対策方法を3つ紹介します。

 

 

3つの中性脂肪対策で健康な身体へ改善する

 

緊急!中性脂肪を下げる方法 | 中性脂肪診断所

 

①甘いもの・脂っこいもの・アルコールを摂り過ぎない

 

日常生活の中で甘いもの・脂っこいものを食べ過ぎないように気をつけましょう。

 

代表的な食品の例を挙げると、
脂肪 :とんかつ、ラーメン、から揚げ、ベーコン、うなぎ
乳脂肪:バター、チーズ、ケーキ
糖分 :チョコレート、プリン、ジュース

 

またアルコールも飲み過ぎると血中の中性脂肪を増やしてしまうため、やはり「飲み過ぎ」には注意して、健康のために控えることも大切です。

 

お酒のおつまみも、揚げ物などではなく枝豆やサラダなどに替える習慣を心がけましょう。

 

 

②適度な運動を習慣化しましょう


激しい運動(無酸素運動)ではなく、ウォーキング・サイクリング・スイミングなどじっくり行える有酸素運動を毎日続けましょう。

 

目標タイムを設定してみたり、一緒に運動する仲間を見つけるなど工夫をすれば、続けやすくなりますね。

 

 

有酸素運動は糖質や脂質を消費してくれるので、中性脂肪の減少に繋がります。

 

ただし健康状態が良くない場合には無理をしないようにしましょう。

 

緊急!中性脂肪を下げる方法 | 中性脂肪診断所

 

 

③EPAやDHAを摂取する

 

緊急!中性脂肪を下げる方法 | 中性脂肪診断所

 

「EPA」はイワシやサバなどの青魚に多く含まれる成分で、血中の中性脂肪を低下させる作用があるサラサラ成分です。
「DHA」はサラサラになった血液を維持してくれる働きがあり、青魚の魚油に「DHA」は含まれています。

 

「EPA」が最初に注目されたのは1960年後半で歴史は古く、そのきっかけはイヌイットの健康状態と食生活の研究からでした。

 

イヌイットは、普段野菜を食べず、アザラシなどの肉を主食としているにも関わらず、他のヨーロッパ人よりも健康状態が良いとのことでした。調査の結果、イヌイットが食べているアザラシは海の魚を主食としていることが分かり、「EPA」が注目されるようになりました。

 

EPAは、摂取することで血中の中性脂肪が低下する作用があるという研究結果も出ていることから積極的に摂りたい成分なのですが、体内で作ることができる成分ではないため、食事から摂る必要があります。健康維持が期待できるEPA・DHA摂取量は1日に900mg以上とされています。

 

ただ、魚に多く含まれているとはいえ、全てを魚から摂るにはかなりの量を食べなければいけません。お刺身で例えると「マグロの赤身約5人前」を毎日食べ続ける必要があります。

 

それはさすがにちょっと無理だという方は、最近では手軽に「EPA」が摂れる健康食品なども多く出ています。

 

その中で1番人気があり、医者も進めるというのが、高スペックDHA・EPAサプリメント「きなり」です。

 

研究では1日4粒を4~12飲み続けることで血中中性脂肪が約20%低下したという結果も出ているため、中性脂肪が多い方は必須アイテムになっています。

 

 

緊急!中性脂肪を下げる方法 | 中性脂肪診断所

 

 

このページの先頭へ